<< 残念な感も否めない今年のランタ...     至福の時 >>